医師求人離島TOP >> 医師の求人のある離島 >> 島後島の医師求人

島後島の医師求人

歴史上で島流しと聞くと、島根県の隠岐の名前が出てきます。そのイメージがあるからか、あるいは海の向こう側に朝鮮半島が控えている日本海に突き出した島だからか、隠岐というとどこか寂しいイメージがあります。

その隠岐に島後という島が浮かんでいます。島後島(どうごとう)と呼ぶ極めて小さい島ですが、その日本海に浮かぶ小さな島で医師として働きたいと思ったら、どうすればいいのでしょうか? そこで今回は、地元自治体の情報や大手転職エージェントに集まっている求人情報などを参考にしながら、島後島で出ている医師の求人をチェックしてみたいと思います。同地に移住して医師として頑張りたいと思っている人は、ぜひともチェックしてみてください。

■島後島にも意外に医師の活躍場所はある 離島というと医療の空白地というイメージがあります。もちろんその通り全く医療機関の存在しない有人の離島は存在するのですが、島後島の場合は違って、小さい島ながらそれなりに医師の活躍場所は整っているといえます。

例えば病院でいえば『隠岐病院』がありますし、診療所でいえば『堤内科医院』『宇野内科医院』『隠岐の島国民健康保険中村診療所』『隠岐の島町布施へき地診療所』『半田内科クリニック』などがあります。小さい島で、人口が密集している部分も限られているのですが、比較的全島にわたって医療機関は展開しているので、活躍の場所は見付けやすいと思います。 特に『隠岐病院』に関しては、全科目にわたって医師を潜在的に欲しがっており、仮に表向きは人材募集をしていないと思っても、問い合わせをしてみれば面談などに発展する場合がほとんどだと思います。島後島で医師になりたいという人は、積極的に応募してみてください。

■求人探しの手伝いにハローワークや転職エージェントを利用する では、そうした島後島で出ている医師の求人は、どうやって探せばいいのでしょうか? もちろん上述した病院にピンポイントで問い合わせをしても構いませんが、自分でそれほどの積極性がないという先生は、ハローワークや転職エージェント経由で応募をするといいと思います。

現状で仕事が出ていなかったとしても、例えば大手の転職エージェントであれば、逆指名という形で登録者の希望の医療機関に人材のニーズがないか確かめてくれます。そうしたサポートまでしてくれて、登録も利用も完全に無料なので、転職エージェントの利用は離島での仕事探しに不可欠だと思います。

以上、島後島で出ている医師の求人についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか? それほど大きくない島ですが、医療機関はそこそこあり、そういった場所から求人が出ている可能性が高いと語りました。 まずは自分で問い合わせるか、転職エージェントなどに登録して間接的に問い合わせてもらって、人材のニーズがないか探ってみてください。

離島の医師転職におすすめ!医師転職サイト人気ランキング!

  サービス名 対応エリア 運営会社 オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
★★★★★ 詳細


医師転職ドットコム 全国 株式会社
メディウェル
★★★★★ 詳細


エムスリーキャリア 全国 エムスリーキャリア
株式会社
★★★★ 詳細



Copyright (C) 2013-2017 医師求人離島ランキング All Rights Reserved.